« [ブログ紹介] VS2008 の単体テストにてテストデータを外部ファイルから設定する | トップページ | [ブログ紹介] [NUnit 2.5] TestCaseAttribute の使いかた »

2009年7月10日 (金)

[記事紹介] マイコミジャーナル ~ 【ハウツー】 テストプラットフォーム 「Gallio」 を理解する

この記事では、  テストフレームワークに依存しない独立したテスト環境である Gallio の紹介と、 CUI / GUI でのテスト方法が解説されています。

マイコミジャーナル: 【ハウツー】 テストプラットフォーム 「Gallio」 を理解する - 導入編
2008/11/19
青木淳夫

Gallio は、 様々なテストフレームワークに対して中立的で独立したテスト環境を提供します。 Gallio を利用すれば、 1つの開発プロジェクト内で複数のテストフレームワークを採用したり、 新しいテストフレームワークを積極的に導入したりできるようになります。

マイコミジャーナル: 【ハウツー】 テストプラットフォーム 「Gallio」 を理解する - GUI テスト編
2009/04/23
青木淳夫

ここで紹介されている Icarus は、 GUI を持ったテストランナーです。 ( 残念ながら、 「GUI をテストする」 話ではありません。 )

マイコミジャーナル: 【ハウツー】 テストプラットフォーム 「Gallio」 を理解する - CUI テスト編
2009/04/27
青木淳夫

こちらも、 CUI で使うテストランナー Echo の解説です。

テストフレームワークとして、 NUnit, csUnit, MbUnit, MSTest ( Visual Studio に搭載 ), xUnit.NET など多数に対応していて、 また Visual Studio と統合もできるなど、 使ってみたいプラットフォームではあります。 多機能な分、 全体を把握するのに時間が掛かりそうなので、 なかなか手を出しにくいのですけれど。

|

« [ブログ紹介] VS2008 の単体テストにてテストデータを外部ファイルから設定する | トップページ | [ブログ紹介] [NUnit 2.5] TestCaseAttribute の使いかた »

記事紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [記事紹介] マイコミジャーナル ~ 【ハウツー】 テストプラットフォーム 「Gallio」 を理解する:

« [ブログ紹介] VS2008 の単体テストにてテストデータを外部ファイルから設定する | トップページ | [ブログ紹介] [NUnit 2.5] TestCaseAttribute の使いかた »