« [コラム] アジャイル開発の理念 | トップページ | [お知らせ] 「TDD.NET の道具箱」 にリンクを追加 »

2009年7月 2日 (木)

[記事紹介] @IT ~ .NET で始めるデザインパターン

この連載記事では、 リファクタリング手法と、 リファクタリングによって導くことができるデザインパターンについて、 解説しています。 リファクタリングは、 TDD を実践するために必須のスキルです。

@IT: .NET で始めるデザインパターン
2005/01/12 ~ 2005/08/06 (全7回)
中西 庸文

TDD の基本スキルは、 テストファーストとリファクタリングです。

この連載は、 VB.NET で TDD の実践を解説しています。
まず、 課題に挙げたプログラムを、 テストファーストでとりあえず作成し、 その後、 「メソッドの移動 (F)」 ・ 「メソッドの引き上げ (F)」 ・ 「メソッド名の変更 (F)」 ・ 「ポリモーフィズムによる条件記述の置き換え (F)」 ・ 「Extract Parameter (K)」 ・ 「Compose Method (K)」 ( F は Martin Fowler、 K は Joshua Kerievsky によってカタログ化されたもの )  といったリファクタリングを適用することで、 有名なデザインパターンが現れてくる、 という順序で解説が進みます。

紙面の都合でしょうか、 説明を端折ったような感じが見受けられますので、 理解するためには、 やはり自分でコードを打ち込み、 説明にしたがってリファクタリングを実際にやってみることをお勧めします。

第2回 うまくデザインパターンを使うための心得」 で 「筆者が本当に伝えたいこと」 と言っている、

「デザインパターンが先人たちのリファクタリングの結果ならば、 そこに立ち戻ろう」

という提言には、 私も賛成ですし、 それがデザインパターンを理解する早道でもあると思います。

|

« [コラム] アジャイル開発の理念 | トップページ | [お知らせ] 「TDD.NET の道具箱」 にリンクを追加 »

記事紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [記事紹介] @IT ~ .NET で始めるデザインパターン:

« [コラム] アジャイル開発の理念 | トップページ | [お知らせ] 「TDD.NET の道具箱」 にリンクを追加 »