« [お知らせ] 記事追加 「TDD とは?」 | トップページ | [コラム] アジャイル開発の理念 »

2009年7月 1日 (水)

[お知らせ] ようこそ、 TDD.NET へ

このサイトでは、 .NET Framework での開発、 その中でも主に C# / VB.NET を使って TDD するときに役立つ日本語の情報を集めていきます。 VC++ については門外漢なので、 ほとんど載らないと思います。

このサイトは、 独立した記事と、 blog から構成されています。 左サイドバーの [ コンテンツ ] からご利用くださると便利かと思います。

ご意見・ご要望等がございましたら、 この記事にコメントを付けるなりトラックバック打つなり、 に直メールするなりしていただけると嬉しいです。

※ トラックバックは、 フィッシングサイトや営利目的のものはお断りします。 そのために、 承認制としておりますので、 トラックバックが反映されるまでしばらく掛かります。

|

« [お知らせ] 記事追加 「TDD とは?」 | トップページ | [コラム] アジャイル開発の理念 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

ああ、やっぱりうちと同じですね。

> ・テストの効果に対してとても懐疑的(具体的な実感が欲しいみたい)

については、 とりあえず、
・ FP あたりの結合テストバグ数
・ 結合テストでのバグ 1件あたりの、 バグレポ~トリアージ~修正~確認テスト に掛かる工数
の 2種類のデータを何回か計測して、 新プロジェクトで推定 (つまり見積もり) できるようになるといいんですがね。
それで、結合テストバグ数が半分くらいになるとしたら、どのくらい「製造」工程の増加が許されるかという判断ができます。
※ ほんとは、コード品質も問題にしたいけど。 たぶん、どうでもいいと言われるでしょうね。

投稿: biac | 2009年7月 3日 (金) 06時30分

・製造工数が増えることを嫌っている感じは強い
 ※NUnitがないときと同じ製造工数でやらせようとしてる感があるのも問題なんですが。
・テストの効果に対してとても懐疑的(具体的な実感が欲しいみたい)
・教育不足(良質なテストが書けてないケース多し)
大雑把にはこのくらいですかねぇ…。人の入れ替わりが多いのも間接的に効いてるかもしれませんが、思うようには浸透してはくれません…。
いきなりTDDは敷居が高いかもと思い、NUnitを書くことだけを最初に推したのがよかったのかどうかというのはありますけども。

投稿: D | 2009年7月 2日 (木) 22時38分

> 抵抗勢力制圧のために
…投入するなら、 TDD-1 のほうでせうw

冗談はともかく。
抵抗する理由として、 どんなことがありますか? まぁ、 政治の話だと、 いかんともしがたいかもしれんですけど。

# この間のプロジェクト、 ここで細かい数字を出すわけにはいかんけど。 テストファーストしなかった昔のと比べると、 全体の工数は変わらず、 結合テストのバグ検出数は半分以下でした。 ( テストファーストとフレームワークに不慣れで、 工数掛かり過ぎ )

投稿: biac | 2009年7月 2日 (木) 01時43分

突っ込みはできないかもしれませんが、大いに参考にさせていただきます。
自分のためと、現場の抵抗勢力制圧のために(謎)。

投稿: D | 2009年7月 1日 (水) 23時59分

ということで、 7月 1日に正式オープンってことで。
ほんとは、 プログラム設計事始…
http://bluewatersoft.cocolog-nifty.com/blog/programming_series_list.html#ProgramDesign
の 7本目を書いて、 こっちに持ってきたかったんだけどね~
…間に合わなかったわ

私ひとりで目の届く範囲なんてタカが知れてるし、 ちょくちょく間違ったこと書いちゃうし。 なので、 こんな情報があるよ、 とか、 ソコ違うだろ、 とか、 どうぞ皆様いろいろと教えてやってくださいまし。

それでは、 よろしくお願いいたします。

投稿: biac | 2009年7月 1日 (水) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [お知らせ] ようこそ、 TDD.NET へ:

« [お知らせ] 記事追加 「TDD とは?」 | トップページ | [コラム] アジャイル開発の理念 »