« [コラム] どうやって DateTime.Now を含むメソッドをテストする? | トップページ | [コラム] [VS2010] 新機能 Generate From Usage (使用法から生成) の使い方 Step by Step »

2010年1月 7日 (木)

[イベント] 告知 - Tech Fielders セミナー 東京 [Agile Day 「A Start - アジャイル開発が気になるあなたに贈るセッション&ワークショップ] ( 1/22, 新宿 )

TDD というより、 広くアジャイル ソフトウェア開発についてのセミナーです。

Tech Fielders セミナー 東京 [Agile Day 「A Start - アジャイル開発が気になるあなたに贈るセッション&ワークショップ]

開発者だけでなく、 より広範囲な方々にアジリティやアジャイルが注目されています。 マイクロソフトでは、 すでにアジャイル開発に取り組んでいる団体、 コミュニティをご支援することで、 開発に携わる多くの方々と情報共有を行う目的で、 「アジャイル開発支援サイト」を立ち上げ、 定期的な情報共有を行っています。

このイベントでは、 その「アジャイル開発支援サイト」でおなじみの「ドット NET 分散開発ソフトピア・センター」、 「すくすくスクラム」からスペシャル スピーカーをお招きし、 アジャイル開発への取り組み、 そこで得たノウハウの共有を行うセッション、 そして、 簡単なワークショップを実施します。

セッションの順番が、 最初に大規模開発でのアジャイル開発プラクティス、 次にソフトウェア開発現場でのムダについて、 と来てから、 最後に 「アジャイルとはなんでしょう」 というワークショップになってます。 参加される方は、 「アジャイル ソフトウェア開発」 についてある程度知っていることが前提になります。

マイクロソフト主催ですが、 Windows や Visual Studio 等の経験は問われない内容のはずです。 また、 マイクロソフトの「Tech Fielders セミナー」枠で開催する都合でタイトルに「セミナー」と付いてはいますが、 メインはワークショップでしょう。 アジャイル開発プラクティスを取り入れた開発チームってどんなものだろう、 という興味を持たれている人は参加されてみてはいかがでしょうか。

ワークショップの後に、 LT (ライトニングトーク) と懇親会が続きます。 人によっては 「本番は懇親会だ!」 と言いますね。 そして LT では、 アジャイル開発に関連した話題を、 5分ずつ数名が喋るわけですが、 ただいま登壇者を募集中です (締め切りは 1月 8日)。
※ 私は、 TDD のやり方ネタで LT に申し込み。 …カブる人がいませんように。


(2010/1/12 追記)
MSKK 長沢さんのブログにも。

長沢智治のライフサイクルブログ: 1/22(金) Agile Day | これから知りたい、きっかけを作りたい、取り組みたい方に参加いただきたい!
08 January 2010

今回は、いつもの 「Tech Fielders セミナー」とは異なるチャレンジをしています。

  • マイクロソフト技術に非依存(中立)な内容
  • ワークショップあり
  • エバンジェリストは、前説担当

逆に、無償であること、ライトニングトークも開催されること、ハッピーアワー(懇親会)があることなど変わりありません。

「アジャイル? それっておいしいの?」、「アジャイルって何が違うの? 何が同じなの?」、「アジャイルやると何かが変われる気が漠然とするけど、よく知らない」というような、一言でいうとおこがましいですが、「アジャイル開発の初心者」な方、そういう方々にアジャイルを理解してもらいたい、一緒に考える同志を社内外に増やしたいと思っている方々に、ご参加いただきたいと思っています。

|

« [コラム] どうやって DateTime.Now を含むメソッドをテストする? | トップページ | [コラム] [VS2010] 新機能 Generate From Usage (使用法から生成) の使い方 Step by Step »

*イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [イベント] 告知 - Tech Fielders セミナー 東京 [Agile Day 「A Start - アジャイル開発が気になるあなたに贈るセッション&ワークショップ] ( 1/22, 新宿 ):

« [コラム] どうやって DateTime.Now を含むメソッドをテストする? | トップページ | [コラム] [VS2010] 新機能 Generate From Usage (使用法から生成) の使い方 Step by Step »