« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の6件の記事

2010年2月19日 (金)

[記事紹介] CodeZine ~ Visual Studio 単体テスト機能大全 第1回: Visual Studio で作る単体テスト、基本のき

この記事はシリーズを予定しているようです。 その名も 「Visual Studio 単体テスト機能大全」 !!
第1回は 「Visual Studio で作る単体テスト、基本のき」 ということで、 既存のコードに対してテストケースを生成する方法、 private メソッドをテストするためにプロキシ クラスを生成させる方法、 internal メソッドをテストする方法、 それと、 テストケース側から製品コードのメソッド スタブを自動生成する方法などについて解説されています。

CodeZine: Visual Studio 単体テスト機能大全 第1回
Visual Studio で作る単体テスト、基本のき
りばてぃ [著] 山田 祥寛 [監修] 2010/02/18

本稿 (および本シリーズ) では主に単体テスト機能にフォーカスしますが、 開発者の利用シーンをキーワードに、 いくつかのシナリオを想定して、 その時々の使い方を取り扱っていきます。

連載ということで、 しかもその初回で基本機能はひととおり説明が終わっていますから、 2回目以降はどんな話になっていくのか、 楽しみです。

※ 2011/4/4付けで、 VS2010 に対応した改訂版が出されています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月18日 (木)

[イベント] 有償セミナー告知: 5/18 和田卓人の 「TDD の基礎と実践」

有償のセミナーなので、 どなたにでもとお勧めするわけにはいかないのですが、 TDD を理解したい・極めたいと思っている人に。

以下、 tech-seminar.jp より。

テスト駆動開発の伝道師「和田 卓人 氏」が講演する
テスト駆動開発 (TDD) の基礎と実践

テスト駆動開発 はテスト手法ではなく、 設計手法だ!
実習を通して TDD を理解し、 テスト駆動開発 の威力と効果を現場に活かせ!

概要
このセミナーは、 テスト駆動開発 の先駆者である、和田 卓人 氏により、 TDD での開発経験を元にハンズオン (演習) を交えて実践的な講義を行います。

開催日
2010年5月18日(火) 10時30分~17時30分

講師の言葉

テスト駆動開発 ( TDD ) は、 名前から想像されるようなテスト技術、 品質保証技術ではありません。 プログラマが自分の書くコードに対して自身を持ち、 プロフェッショナルとして自立するための技術です。

この講座では講演だけでなく実際にハンズオンを通して、 TDD のこころと技を体験し、 TDD を理解していただくことを目的としています。


※ (2010/03/15) リンク先を主催者様のサイトに変更。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

[ブログ紹介] 深夜のテスト TL

ブログではなくて、 Twitter ですけれど。
2月14日の深夜、 Twitter 上で TDD・テスト・品質保証といった話題が突如盛り上がりました。 私は寝てしまっていて話の流れ (TL: Time Line) に乗れずに、 朝になってから気付いてくやしい思いをしたのでしたが、 fistfvck さんほか数名の方々がまとめてくださいましたので、 メモしておきます。

Togetter: 深夜のテストTL ~ テスト 品質保証厨 tdd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

[記事紹介] InfoQ ~ ペア・プログラミングの実際の効果

この記事では、 TDD の上達にも有効なペア プログラミングについて書かれています。 内容は、 表題とはちょっと違って、 効果的なペア プログラミングを実現する 4つのメカニズムについてです。 ( 原題は "How Pair Programming Really Works" )
なお、 この記事の著者は Shane Hastie 氏となっていますが、 以下に引用する部分の原文は、 Royal School of Signals の Stuart Wray 氏によるものです。

InfoQ: ペア・プログラミングの実際の効果
2010年2月7日

開発者としての私個人の経験から、ペア・プログラミングの使用は、一方がプログラムをし、他方が見ているというだけのテクニックではありません。両方のプログラマは、常に話し合いをし、残りのやるべきことを手早くメモし、また、画面上で数々のコードを指摘しながら密接に連携して作業します

上の要約で 「常に話し合い」 と言っていますが、 それが私も一番大切だと思います。 極端に言えば、 「ペアプロとは会話し続けること」 です。

続きを読む "[記事紹介] InfoQ ~ ペア・プログラミングの実際の効果"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

[イベント] TDD 道場 @わんくま名古屋勉強会#11

今日 (2010/2/6) 開催された 「わんくま同盟 名古屋勉強会 #11」 の昼休み中に、 TDD 道場をやりました。 まったく初めての試みだったので、 予定通り(?) ぐでぐでになりましたけど、 これからも続けていこうと思います。

TDD 道場とは、 TDD をやってみることに主眼を置いたコーディング道場です。
今回、 説明に使ったスライドはこちらにあります。 ⇒ 勉強会などで使った資料: わんくま勉強会 名古屋#11
お題をどうしようか悩みましたが、 掲示板で助けてもらって、 簡単な FizzBuzz にして 2セッション (VB.NET と Java) やりました。 最初のドライバーだけは決めておいて、 そのあとのメンバーはその場で手を上げてもらったのですが、 .NET チーム / Java チームとも 5分 (だいたい 5分) でドライバー交代していけました。 聴衆からもけっこうツッコミが入ってまして、 最初の試みとしてはまぁそれなりに受けたんじゃないかなと感じました。
2セッションやってみて面白かったのは、 Assert.Are* 派と AssertThat 派、 テストコードのリファクタリング推進派と反対派などなど、 短い時間だったのにいろいろ出てきたことです。 どちらかが絶対に正しいなんていうことは無いわけですけど、 内輪でやってるときには出てこないことなので、 新鮮でした。

以下、 反省点

続きを読む "[イベント] TDD 道場 @わんくま名古屋勉強会#11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

[お知らせ] 記事 「TDD とは?」 に 「TDD 三原則」 を追記

TDD の概要を解説した記事 「TDD とは?」 に、 「TDD 三原則」 の章を追加しました。

⇒ TDD とは?: 3. TDD 三原則

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »