« [ブログ紹介] NUnit 2.5 で追加された Assert.Throws | トップページ | [ブログ紹介] Part Cover 紹介 »

2010年4月21日 (水)

[ブログ紹介] NUnit 2.5 の新機能: TestCaseSource, Values, Combinatorial/Sequential/Pairwise, Range/Random

NUnit 2.5 で追加された機能のうち、 タイトルに挙げたものなどについて紹介されています。

ZOETROPEの日記: NUnit 2.5 RC
2009-05-21

TestCaseSource を使うと、 テストケースをオブジェクトで指定できます。

Values を使うと組み合わせテストを実行してくれます。

Combinatorial / Sequential / Pairwise
Values で指定した値の組み合わせ方法を指定することもできます。

Range / Random
指定した範囲の引数を順にテストしたり、 ランダムでテストしたりできます

Assert.That で評価する際に使えるものも増えています。

EqualTo の後ろにメソッドチェーンでどんどん条件を追加していけます。

|

« [ブログ紹介] NUnit 2.5 で追加された Assert.Throws | トップページ | [ブログ紹介] Part Cover 紹介 »

ブログ紹介」カテゴリの記事

<NUnit>」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ブログ紹介] NUnit 2.5 の新機能: TestCaseSource, Values, Combinatorial/Sequential/Pairwise, Range/Random:

« [ブログ紹介] NUnit 2.5 で追加された Assert.Throws | トップページ | [ブログ紹介] Part Cover 紹介 »