« [コラム] リファクタリングはどっちへ進むべきだろう? ~ 機械に優しく? 人間に優しく? | トップページ | [コラム] リファクタリングはどっちへ進むべきだろう? (続) »

2010年10月20日 (水)

[コラム] リファクタリングとは、 最適化することじゃない。 理解しやすくすること。

…これはべつに私が言い出したことではありません。
リファクタリングを世に広めた Martin Fowler 氏の言葉です。

Martin Fowler's Bliki in Japanese - リファクタリングの境界線
( 原文: MF Bliki: RefactoringBoundary )

リファクタリングとは、理解や修正が簡単になるための変更だと私は思っている。同じ変更でも、目的が異なれば、それはリファクタリングとは言わない

 

※ リファクタリングを勉強するには、 何を措いてもファウラー氏の本は読んでおきましょう。

リファクタリング ― プログラムの体質改善テクニック
マーチン ファウラー (著)
ピアソンエデュケーション (2000/05)
ISBN-13: 978-4894712287

Martin Fowler's Bliki には、 ほかにも次のような記事があって、 とても参考になります。

リファクタリングの誤用:
リファクタリング中に2,3日システムが動かなくなっちゃってーなどと言ってる奴がいたら、んなもんリファクタリングじゃあなーいと言ってやれ。

リファクタリングはどこからやってきた?:
リファクタリングが、数学の因数分解(ファクタリング)から来ていることは明らかです。 x^2 + 5x + 6 という式は、(x+2)(x+3)というふうに因数分解できます。因数分解を行うことで、複雑な式が簡単になるのです。
(中略)
用語としては、しばらく使われてきたはずなのですが、どこから来たのか、語源は分かりません。

最適化はリファクタリングか?:
リファクタリングは、 コードを理解しやすくするためである。 最適化は、 プログラムを速くするためである。

|

« [コラム] リファクタリングはどっちへ進むべきだろう? ~ 機械に優しく? 人間に優しく? | トップページ | [コラム] リファクタリングはどっちへ進むべきだろう? (続) »

*コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [コラム] リファクタリングとは、 最適化することじゃない。 理解しやすくすること。:

« [コラム] リファクタリングはどっちへ進むべきだろう? ~ 機械に優しく? 人間に優しく? | トップページ | [コラム] リファクタリングはどっちへ進むべきだろう? (続) »