« [ブログ紹介] CppUnit を Visual Studio C++ 2010 でビルドするには | トップページ | [ブログ紹介] 三角形問題で必要なテストケース数 »

2011年6月 7日 (火)

[イベント] わんくま東京#59

5月28日のわんくま東京勉強会でも、  TDD について喋らせていただきました。

そのときに使った資料を、「勉強会などで使った資料」 のページで公開しています。 名古屋#17 (2011/4/9) のときに比べて、 TDD の効果などについて加筆してあります。

20110607_tdd_debug それでも書き忘れていることはありまして、 懇親会で参加者の方からお話を聞くうちに、 仕様変更やバグフィックスのやり方が入っていないことに気付かされました。 ということで、 その話だけ、 新しいスライドとして起こしましたので、 両方見てやってください。

そして、 東京では初となる TDD 道場では、 あの 「やる夫で学ぶ TDD」 の @oota_ken 氏とのペアプロを見ていただきました。 今世紀に入ってからほとんど Java を触ったことのない私がドライバーを務め、 @oota_ken 師匠がナビゲーターとして教えつつツッコミつつ、 FizzBuzz をテストファーストしていって、 時間内になんとか形になるところまでお見せすることができました。

|

« [ブログ紹介] CppUnit を Visual Studio C++ 2010 でビルドするには | トップページ | [ブログ紹介] 三角形問題で必要なテストケース数 »

*イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [イベント] わんくま東京#59:

« [ブログ紹介] CppUnit を Visual Studio C++ 2010 でビルドするには | トップページ | [ブログ紹介] 三角形問題で必要なテストケース数 »