« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の3件の記事

2011年6月 8日 (水)

[ブログ紹介] 三角形問題で必要なテストケース数

辰巳敬三氏 (高度情報通信人材育成支援センター (CeFIL)) のブログより。

A Lifelong Software Tester (生涯一テスター): 三角形問題で必要なテストケース数
05 June 2011

ソフトウェアテスト・ヒストリー (ソフトウェアテスト PRESS Vol.8) のコラム「三角形問題の正解」で、 米国のテスト・コンサルタント Ross Collard の "Exercise: Analyzing the Triangle Problem" を紹介しました。 Collard は三角形問題のテストケース数について次のように書いています。

  • Paul Jorgensen は185個のテストケースを示している。
  • 私は4個で十分だと主張できる。
  • Kent Beck は彼の三角形問題のインプリメンテーションに対しては6個のテストケースで十分だと言い、 Bob Binder の65個のテストケースと比べている。

4人の専門家に依頼して、 4から185の範囲の4つの異なる解答をもらって4人分のコンサルタント料を払うなんて悪い冗談だよね。

引用された Collard 氏の文章は、 2004年にフロリダで開催された第3回 WTST (Workshop on the Teaching of Software Testing) で発表されたものです。 また、 辰巳氏のソフトウェアテスト・ヒストリーは、 おそらくそのダイジェスト版に当たるであろうライトニングトークの資料 (JaSST '10 Tokyo) が公開されています。

続きを読む "[ブログ紹介] 三角形問題で必要なテストケース数"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

[イベント] わんくま東京#59

5月28日のわんくま東京勉強会でも、  TDD について喋らせていただきました。

そのときに使った資料を、「勉強会などで使った資料」 のページで公開しています。 名古屋#17 (2011/4/9) のときに比べて、 TDD の効果などについて加筆してあります。

20110607_tdd_debug それでも書き忘れていることはありまして、 懇親会で参加者の方からお話を聞くうちに、 仕様変更やバグフィックスのやり方が入っていないことに気付かされました。 ということで、 その話だけ、 新しいスライドとして起こしましたので、 両方見てやってください。

そして、 東京では初となる TDD 道場では、 あの 「やる夫で学ぶ TDD」 の @oota_ken 氏とのペアプロを見ていただきました。 今世紀に入ってからほとんど Java を触ったことのない私がドライバーを務め、 @oota_ken 師匠がナビゲーターとして教えつつツッコミつつ、 FizzBuzz をテストファーストしていって、 時間内になんとか形になるところまでお見せすることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

[ブログ紹介] CppUnit を Visual Studio C++ 2010 でビルドするには

CppUnit のソースは、 VC++ 6.0 用として配布されているのだそうです。 ということは、 最近の Visual Studio では、 そのままではビルドできないでしょう。
Yoshihiko Sakamaki (@yocifico) 氏によれば、 Visual Studio 2008 で変換する必要があるとのことです。

skmks: Visual Studio C++でCppUnitをビルドできない、そんなとき
2011/01/25(火)

CppUnitをWindowsでも使うことになってビルドを試みたのだけれど、結構ハマったので、ビルド方法をメモっておくよ。

ていうか、プロジェクトファイルくれよ

というリクエストがありました。ですよね。欲しいですよね。
cppunit-1.12.1 の Microsoft Visual Studio C++ 2010 Express用プロジェクトファイル

ということで、 上記のページでプロジェクトファイルも公開されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »