« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年12月の6件の記事

2011年12月29日 (木)

[イベント] 告知 - わんくま同盟 勉強会 #20 「テスト & TDD ワークショップ」 (1/14, 名古屋)

Nenga_hanko_wankuma_b1

 

2012年、 年明け最初のわんくま勉強会では、 TDD ワークショップを開催します。

わんくま同盟 名古屋勉強会 #20 & 第39回 名古屋アジャイル勉強会 & TEF東海 勉強会

2012年最初のわんくま勉強会は、 名古屋アジャイル勉強会及び TEF 東海と 3つのコミュニティが合同でお贈りする、 テスト & TDD ワークショップ!
 ※ワークショップ・・・参加者の方が実際に手を動かして学習を行うスタイルの勉強会の事。
ソフトウェア開発におけるテストってなんなのか、 テストを行う事で品質は上がるのか、 また開発手法の1つである TDD (テスト駆動開発) ってどうやるのか、 参加者の皆さんも一緒に手を動かし・考え・体験してみませんか。

TDD ワークショップは 3時間ほどを予定しています。

「TDD 入門」 について喋らせてもらったあと、 みなさんで実際に TDD と、作ったコードのレビューをやってもらいます。
「いっぺんくらい TDD を体験しとくのもいいか~」 レベルのワークショップですので、 すでに TDD を実践されている人には物足りないかもしれません (ので、 そういう人はグループ内で教える側に回ってくれると嬉しい)。
TDD の面白さの体験や、 「こんなやり方もあるんだ!」 という感動を、 ぜひお持ち帰りいただきたいと思います。

ワークショップの時間は TDDBC を名乗れるほど長くはありませんが、 東海地方では久々の TDD 体験イベントです。 名古屋近辺のかた、 ぜひご参加ください。
なお、 ワークショップで参加者の皆さんに挑戦していただく 「お題」 は、 こちらにあります。 ⇒ [わんくま同盟 名古屋勉強会 #20] TDD ワークショップのお題

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

[TDD Advent Calendar jp: 2011] TDD とアジャイルを支えるバックボーン #TddAdventJp

このエントリは、TDD Advent Calendar jp: 2011の12/25 最終日のエントリーです。

前日は @aoki1210 さんのエントリ 「TDDに関する記事のリンク集」 です。
初日は @setoazusa さんの 「#tddbc の作り方」 でした。
全記事の一覧は、 ATND の募集ページ にあります。


はじめに、 ちょっと全体の感想やイキサツなどを。

こんな素晴らしい Advent Calendar になるなんて、 夢のようです。 取りまとめ役をやらせてもらった幸運に感謝、 です。
良記事ばかりですが、 その中であえてひとつ選ぶとするなら、 TDD する / しない (テストファーストする / しない)、 あるいは、 やるならどこまでやるか、 といったことをパターン化しようという @kyon_mm さんの試み 「TDD戦略 -TDDを導入し進化させる方法-」(12/23) を挙げたいです。 私にはまったくなかった発想なので。 (TDD の定義が Kent Beck のと違っている点は難ですが。)

さて、 そんな素晴らしい TDD Advent Calendar jp: 2011 ですが…

そもそもの発端は bleis 伯爵にダマされたんですよね~w

bleis: @aoo_niku TDD Advent Calendar?
posted at 2011/11/11 13:44:13
bleis: @linerlock んじゃぁ立てますか
posted at 2011/11/11 13:56:53
biac: で、これはどこ? w QT @gab_km: RT @bleis: @aoo_niku TDD Advent Calendar?
posted at 2011/11/11 20:11:43

てっきり bleis さんが立ち上げてくれてると信じたのに~~~ f(^^;


昨日までの記事で TDD の中身に関しては語りつくされた感もあるので、 最終日にあたるこの記事では、 TDD を支えるバックボーンの話をしてみたいと思います。

TDD は (それとアジャイルソフトウェア開発プロセスも)、 ソフトウェアの開発に特有の技法です。
ハードウェアの開発 (機械、 電子機器、 建築など) では、 できません。

続きを読む "[TDD Advent Calendar jp: 2011] TDD とアジャイルを支えるバックボーン #TddAdventJp"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TDD Advent Calendar 2011

REDとGREENはクリスマス色♪
TDD Advent Calendar jp: 2011

20111225_tddadvent2011

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年12月17日 (土)

[記事紹介] MSDN マガジンの TDD 関連記事

Microsoft の月刊誌 「MSDN マガジン」 (昔は紙の雑誌でした。 今は Web で読めます。) に掲載された記事から、 TDD に関連するものをいくつか挙げておきます。

2011年 6月号: Visual Studio と TFS でアジャイル C++ 開発とテストを行う
John Socha-Leialoha

今回の記事では、マイクロソフト所属のチームがアプリケーション開発に使用している数多くの手法を紹介します。

2010年 12月号: BDD 入門 ~ SpecFlow と WatiN によるビヘイビア駆動開発
Brandon Satrom

今回の記事では、BDD の概要を簡単に紹介し、単体レベルの実装につながる機能レベルのテストによって、BDD サイクルに従来のテスト駆動開発 (TDD) サイクルがどのように組み込まれるかを説明します。

2009年 6月号: テスト駆動型設計 ~ モックとテストを使用して役割に基づいたオブジェクトを設計する
Isaiah Perumalla

この記事では、次の内容について説明します。

  • 実装ではなく対話をテストする
  • 役割を見極め、相互のやり取りを抽象化する
  • 相互のやり取りを抽象化する
  • コードをリファクタリングして意図を明確化する

2009年 2月号: IronRuby と RSpec の概要 (第1部)
Ben Hall

この記事では、次の内容について説明します。

  • Ruby とアヒル型定義
  • Ruby と Microsoft .NET Framework
  • IronRuby と RSpec を使用する

続きを読む "[記事紹介] MSDN マガジンの TDD 関連記事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

[コラム] TDD の原点 ~ Kent Beck による定義

テスト駆動開発入門
2003/9 (原著は 2002/11)
著者: ケント ベック
翻訳: 長瀬 嘉秀
ISBN: 978-4894717114


Kent Beck が提唱した TDD。 彼はどのように TDD を定義しているでしょうか?
まだ 「テスト駆動開発入門」 を読んでいない人のために、 あるいは読んだけど前書きに書いてあったことまでは忘れてしまった方のために、 おさらいしておきます。

「テスト駆動開発入門」 は、 Kent Beck が TDD について初めて書いた本です。 その本の先頭にある 「まえがき」 より引用します。 (「まえがき」 の全文は、 Amazon の 「なか見! 検索」 で読むことができます。)

自動テスト、 TDD (テスト駆動開発) と呼ばれる開発スタイルにより、  不安を少なくして開発できる。 TDD では以下を実現する。

  • 自動テストが失敗した場合だけ、 新しいコードを書く。
  • 重複を取り除く。

これらはシンプルな規則である。

2つの規則はプログラミングのタスクにおける順番を意味する。

  1. レッド ‐ 動作しないテストを少しだけ作成する。 おそらく最初はコンパイルできない。
  2. グリーン ‐ テストをすぐに動作させる。 そのためには、 どのようなコードでもよい。
  3. リファクタリング ‐ テストを動作させるためだけに作成された重複をすべて取り除く。

「RED → GREEN → リファクタリング」という手順は、 TDD の説明としていつも言われることですが、 それは引用したように上記の 2つのシンプルな規則から導かれたものなのです。

この 2つの規則に則っていない技法は、 Kent Beck が定義した TDD ではないということです。

続きを読む "[コラム] TDD の原点 ~ Kent Beck による定義"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

[記事紹介] CodeZine ~ C#で始めるテスト駆動開発

CodeZine に記事を書かせていただきました。

CodeZine: C#で始めるテスト駆動開発 ~ TDDBC横浜の課題をやってみよう
2011/12/12

本サイトで書いていること*1と同様の内容ですが、 細かい手順の説明などは省いて読みやすくしました。 ご感想や、 ツッコミ・要望などを、 ここのコメント欄か掲示板にいただけると幸いです。

*1: 「VB2010 Express + NUnit 2.5 で、 初めてのTDD Step by Step」 や 「C# 2008 Express + NUnit 2.5 で、 初めてのテストファースト Step by Step」 など。

 

はてなブックマーク - C#で始めるテスト駆動開発(1/7):CodeZine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »